長野県のニュース

松本城天守、久々の観光客 新型コロナ対策徹底して公開再開

公開を再開した松本城天守。訪れた観光客を国宝松本城おもてなし隊(手前)が出迎えた=25日午前10時20分、松本市公開を再開した松本城天守。訪れた観光客を国宝松本城おもてなし隊(手前)が出迎えた=25日午前10時20分、松本市
 松本市は25日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて4日から中止していた国宝松本城天守などの公開や使用を再開した。松本城では入り口に消毒液を増設し、間隔を空けた入場などを徹底。県が24日夜、県松本保健所管内在住の70代男性の感染を発表したものの、市教育委員会は「今のところ感染症対策を徹底し、公開や使用を続けていく方針」としている。

 松本城天守以外で公開や使用を再開したのは、旧開智学校校舎や図書館など計28施設。松本城天守ではグループごとに見学するようにし、前のグループ全員が天守に入るまで次のグループには入り口で待機を求めた。混雑した場合は入場を制限する。

 25日午前、早速県内外から家族連れらが訪れ、時代衣装を着た「国宝松本城おもてなし隊」が出迎えた。東京都の小学4年で城好きだという及川弥優(よしひろ)君(10)は母で会社員の有紀子さん(42)と来場。有紀子さんは「新型コロナの影響で好きな城に行けずしょんぼりしていたので、来られて良かった」。弥優君は「かっこいい松本城がやっと見られてうれしい」と笑顔だった。

(3月25日)

長野県のニュース(3月25日)