長野県のニュース

川上産レタス原材料の焼酎 「麗多寿」小ぶりに新調

ラベルを新しくした300ミリリットルサイズの麗多寿ラベルを新しくした300ミリリットルサイズの麗多寿
 川上村産のレタスを原材料に造った焼酎「麗多寿(レタス)」の300ミリリットルサイズが登場した。これまでは720ミリリットル入りしかなかった。女性や観光客にもっと手に取ってほしいとの狙いで、ラベルも明るい色合いに新調した。

 新しいラベルは、薄だいだい色が基調で、緑色だった従来のラベルよりも明るい色合い。度数は25度。レタスの香りがほんのり残る飲み口が特徴という。

 麗多寿は村が企画開発し、2007年に誕生。村が農協から買い取ったレタスを原材料に、佐久市平賀の「芙蓉(ふよう)酒造協同組合」が委託を受けて製造。米こうじにレタスを搾った汁を混ぜて発酵、蒸留させて造る。川上村内のスーパーなどに並んでいる。

 価格は300ミリリットルが670円、720ミリリットルが1340円(いずれも税別)。問い合わせは芙蓉酒造(電話0267・62・0340)へ。

(6月30日)

長野県のニュース(6月30日)