長野県のニュース

大雨 県内でも工場の稼働一部見合わせ

 梅雨前線による大雨被害の拡大で、8日も新たに岐阜県などでコンビニが臨時休業となったほか、長野県内でも工場の稼働が一部見合わせとなった。携帯電話の通信障害も発生した。

 ローソンは浸水被害や避難指示などを受け、岐阜県の計14店舗が休業したほか、群馬県の1店舗が一時休業。ファミリーマートも浸水や周辺道路の冠水被害などにより、愛媛県と岐阜県の一部店舗が一時休業した。

 家電量販店のエディオンは岐阜県の計2店舗を臨時休業にした。

 長野県内では製造業に影響が広がった。上下伊那地域に11拠点があるKOA(伊那市)は8日、同日午後と9日の休業を決定。「天竜川に近い事業所もあり、安全確保を最優先する」(総務センター担当者)とする。タカノ(上伊那郡宮田村)も各地の避難勧告を受け、上伊那地域の5拠点について8日午後を休みとし、一部を除き社員を帰宅させた。9日の対応は同日朝の状況を見て判断する。

 シチズン時計マニュファクチャリング(埼玉県所沢市)は、天竜川に近い飯田松尾工場(飯田市)を8日休業。9日は通常操業を予定する。多摩川精機(同)は8日、下伊那郡泰阜村にある製造子会社を休業とした。

 VAIO(バイオ、安曇野市)は本社従業員に在宅勤務を呼び掛け、工場の稼働を一時見合わせ。三菱電機も飯田工場(飯田市)と中津川製作所(岐阜県中津川市)を8日朝から休業した。

 NTTドコモは8日、大雨の範囲が拡大した影響で、岐阜、愛知、三重、和歌山各県と京都市のそれぞれ一部で通信障害が発生したと発表。三重県の障害はその後回復した。基地局をつなぐケーブルの故障などが原因で、携帯電話がつながらないか、つながりにくくなっている。

(7月9日)

長野県のニュース(7月9日)