長野県のニュース

「ほっとした」足止め宿泊客下山 上高地土砂崩落

沢渡の駐車場まで戻り、ほっとした表情を見せる男性=9日午前10時27分、松本市安曇沢渡の駐車場まで戻り、ほっとした表情を見せる男性=9日午前10時27分、松本市安曇
 松本市安曇の国道158号で8日起きた土砂崩落により、北アルプス上高地に足止めされていた宿泊客ら35人は9日午前、土砂崩れの区間を歩いて越えた上でタクシーで下山した。同市安曇の沢渡(さわんど)の駐車場で自家用車に乗り換えて帰路に就いた宿泊客は、ほっとした表情を浮かべていた。

 避難を誘導した県松本建設事務所によると、宿泊客らは午前10時ごろ、釜トンネル入り口近くにある長さ20メートルほどの土砂崩落区間を歩いて通過。待機していたタクシー10台に乗り、沢渡や松本駅に向かった。

 沢渡で自家用車に乗った東京都町田市の男性(80)は「夫婦で毎年来ているが、こういうのは初めて。いつ帰れるか心配だったので、ほっとした」と話した。

 同事務所によると、土砂崩落区間の復旧のめどは立っていない。松本市によると、これで上高地に取り残された宿泊客はいなくなった。

(7月9日)

長野県のニュース(7月9日)

日付で探す

ジャンルで探す

ニュースランキング
本日のTop10(8/15 05:30更新)