長野県のニュース

飯田線被災 観光に影響 全線再開に「相当な日数」

天竜峡駅方面から飯田駅方面に走るJR飯田線の電車=11日午後6時18分、飯田市羽場坂町天竜峡駅方面から飯田駅方面に走るJR飯田線の電車=11日午後6時18分、飯田市羽場坂町
 JR飯田線は11日、運転を見合わせていた駒ケ根(駒ケ根市)―長山(愛知県豊川市)間のうち駒ケ根―天竜峡(飯田市)間の運行を始発から再開したものの、夜になって雨量が規制値に達したため七久保(上伊那郡飯島町)―長山間などで不通になった。JR東海によると、下伊那郡天龍村中井侍地区での土砂崩壊を含め複数の土砂流入や冠水を確認しているが、危険があるため作業員を派遣できない箇所もあり、全容はつかめておらず、全線再開には「相当な日数がかかる見通し」。沿線の観光業に影響が出始めている。

 運休区間にある平岡駅に併設された天龍村総合交流促進施設「ふれあいステーション龍泉閣」は、飯田線で訪れる予定だった客のキャンセルが複数出た。温泉や宿泊施設を備えた観光拠点。支配人の三浦晴季さん(55)は「激しい雨が降り始めてからのキャンセルは十数件」と明かす。宿泊客のうち、電車で訪れる人は3割ほどというが「影響はある。早く復旧してほしい」と願った。

 天龍峡温泉観光協会の竹村公秀会長(77)は「ここ数日は観光客がゼロに近い」。新型コロナウイルス感染拡大で既に減っていたため、運休による影響がどれだけあるかは分からない。ただ、8日には昨年の台風19号以来の大雨特別警報が県内に出た。「土砂災害などを警戒して長野県への旅行を控えている人はいるだろう」と推測する。

 車で訪れる観光客も多いとし「生活の足に使っている地元の人のためにも早く運行を再開してほしい」と求めた。

(7月12日)

長野県のニュース(7月12日)

日付で探す

ジャンルで探す

ニュースランキング
本日のTop10(8/15 05:30更新)