長野県のニュース

県内きょう大雨の恐れ

 長野地方気象台は13日、南部は14日にかけて雷を伴い1時間に40ミリ以上の激しい雨が降る所があると発表した。北部と中部でも1時間に30ミリ以上の雨が予想され、15日明け方までは大雨警報が発表される可能性がある。雨は19日にかけて断続的に降る見通し。

 気象台によると、梅雨前線が14日にかけて北上し、関東甲信地方を通過する見込み。14日午後9時までの24時間予想降水量は多い所で南部150ミリ、北部と中部120ミリ。

 県砂防課によると、南部の複数地点で6月30日〜7月12日の総降水量が1961(昭和36)年の豪雨災害「三六災害」を既に上回っている。

(7月14日)

長野県のニュース(7月14日)