長野県のニュース

新型コロナ 県内2日連続で感染確認

 長野市保健所は13日、市内の20代男性の感染を12日に確認したと発表した。県内での感染確認は、11日の北佐久郡軽井沢町の別宅に滞在していた東京都の30代男性会社員に続いて2日連続。県内感染者は計79人になった。

 保健所によると、男性は11日に頭痛や39度の発熱などの症状があり、保健所に相談して医療機関を受診。12日に陽性が判明し、感染症指定医療機関に入院した。軽症という。

 保健所の聞き取りに対し、男性は発症前2週間は県外に出ていないと説明しているという。発症2日前の9日以降の濃厚接触者は同居者4人のみで、それぞれ13日にPCR検査を行い、いずれも陰性だった。4人を含む周囲の関係者も県外との往来はないとみられ、感染経路は不明。

 保健所の小林良清所長は、手洗いなど感染防止策を一層徹底するよう呼び掛け「新たな感染者の発生に十分注意したい」と話した。

 県内では今回感染確認された長野市の男性と軽井沢町の男性のほか、長野市の80代男性が中等症で入院中。

(7月14日)

長野県のニュース(7月14日)