長野県のニュース

小諸市が「楽器寄付ふるさと納税」 小中学校の不足解消狙い

楽器の寄付を募るウェブサイトの画面楽器の寄付を募るウェブサイトの画面
 小諸市は13日、市内小中学校で楽器が不足している現状を受け、「楽器寄付ふるさと納税」を導入したと発表した。市を通じ、不要になった楽器を学校に寄付すると、業者による査定価格分の税金を控除。市は寄付を通じて子どもたちの音楽活動を支援してほしいとPRする。

 市企画課によると、専用ウェブサイトで寄付を受け付けている自治体は県内唯一。市内8小中学校のうち現在、5小学校がクラリネットやアコーディオンなど6種類、計15個の楽器を募集。サイトでは各校が全国大会に向けて練習に励む活動状況や、古く損傷が目立つ楽器を使っている実情を紹介している。

 市内には音楽科のある小諸高校があり、市は「音楽のまち・こもろ」をうたっている。一方、楽器の購入や修繕の予算は年間50万円ほどで要望を満たせていないという。返礼品はないが、生徒が寄付者に感謝の言葉を送ったり、寄付者を演奏会に招いたりすることを構想している。

(7月14日)

長野県のニュース(7月14日)