長野県のニュース

新型コロナ 新たに4人感染確認

 県は29日、新型コロナウイルスの感染者を新たに4人確認したと発表した。いずれも入院中だが軽症。不特定多数に感染させた可能性は低いとしている。県内の感染者は計102人となった。

 陽性と分かったのは、諏訪市の10代小学生女子、飯田市の40代会社員男性、松本市の20代会社員男性、中野市の20代教職員男性。

 諏訪市の女児は24、26日に感染が分かった40代夫妻の娘。25日に母親の濃厚接触者として検査し陰性とされたが、28日に発熱や鼻汁などが出て医療機関を受診。陽性と判明した。母親の感染が分かった24日以降、登校していない。濃厚接触者は他の家族2人。

 飯田市の男性は16、17日に静岡県に滞在。26日までに嗅覚異常などを覚え、27日に医療機関を受診。陽性と分かった。静岡には自家用車を使って単身で移動。濃厚接触者は少なくとも家族4人。

 松本市の男性は、27日に感染確認された安曇野市の20代男性の知人。濃厚接触者として検査を受け、28日に陽性が判明した。濃厚接触者は少なくとも会社の同僚ら3人。

 中野市の教職員男性は27日に下肢痛を覚え、28日にせきや発熱が出た。29日に陽性と判明。濃厚接触者は別居の家族や親族計8人で、他は調査中。27日前後に出勤歴がある。県は、この男性と他の教職員や児童生徒の接触について「複数出てくる可能性がある」とした。一方、男性は感染リスクの高い場所に出入りしておらず、勤務時はマスクを着用していたという。

(7月30日)

長野県のニュース(7月30日)