長野県のニュース

「三才山」無料に 車両続々

通行が無料になった三才山トンネルへと向かう車両=1日午前0時、上田市通行が無料になった三才山トンネルへと向かう車両=1日午前0時、上田市
 松本市島内と上田市鹿教湯温泉を結ぶ国道254号「三才山(みさやま)トンネル有料道路」(15・2キロ)が1日午前0時、無料化された。1日約1万台が通行していた中信と東信をつなぐ大動脈の交通量増加が予想される。

 松本市三才山と鹿教湯温泉を結び三才山トンネルを含む「三才山区間」(約8・5キロ)は、1976(昭和51)年10月に開通。松本トンネルを含む三才山―島内間の松本区間(約6・6キロ)は、94年12月に通行できるようになった。通行料金は三才山区間が普通車520円、松本区間が午前6時〜午後10時に100円だった。

 31日まで管理していた県道路公社(長野市)は、担当を県松本・上田両建設事務所に引き継いだ。同日深夜に上田市の料金所で開いた式典で、同公社三才山トンネル有料道路管理事務所の降幡成敏所長が「料金徴収業務を終了し、無料開放します」と宣言。無料化を待っていた車両が次々と通過した。

(9月1日)

長野県のニュース(9月1日)