長野県のニュース

掛け声、勇ましく 奉納相撲 諏訪大社上社本宮

相撲踊りを奉納する神宮寺区の男性相撲踊りを奉納する神宮寺区の男性
 諏訪市の諏訪大社上社本宮で15日、県無形民俗文化財の「十五夜祭奉納相撲」があった。地元神宮寺区の11人が力士となって「相撲踊り」を奉納。相撲甚句を歌いながら「どっこい」と力強い声を響かせた。

 赤や紫の化粧まわしを付けた20〜40歳の男性が、拝殿前の斎庭(ゆにわ)で輪になって踊りを披露。相撲の攻防を意味するとされる「胸たたき」などのしぐさをする様子を家族らが見守った。

 神事の後、力士代表の「大関」を務めた笠原稔之(としゆき)さん(38)は「無事に奉納できて良かった。緊張したが、みんな気持ちが入っているのが分かって楽しめた」と話した。十五夜祭奉納相撲神宮寺保存会の五味寛雄会長(52)は「練習の成果が出ていて感動した。神宮寺の伝統を守り続けたい」と話した。

 神宮寺区によると、奉納相撲の記録の最古は、江戸時代の1817(文化14)年。それ以前の記録は消失しているという。

(9月16日)

長野県のニュース(9月16日)