長野県のニュース

ふるさと納税 手応え感じて 御代田町がゲーム風特設サイト

御代田町のふるさと納税特設サイトの画面御代田町のふるさと納税特設サイトの画面
 北佐久郡御代田町は25日、町へのふるさと納税をPRする特設サイト「みよたんクエスト」を開設した。ロールプレーイングゲーム(RPG)になぞらえ「御代田町は突如として闇に包まれ、資金不足のまま30の事業が残された…」との物語を設定。目標寄付金額に達すると町キャラクター「みよたん」が成長する趣向で、最高30までレベルアップするごとに寄付を原資とした地域活性化事業を行う。

 楽しくまちづくりに参加してもらい、「納税」結果も見える仕掛け。町は「注目されがちな返礼品だけでなく、制度本来の趣旨に焦点を当てたい」と反応を期待している。

 まずレベル1として20万円集まると、各種イベントで場を盛り上げるみよたんの出張費に充当。レベル2(目標額13万4千円)は障害がある子どもの職業体験に、レベル3(同72万円)では青少年と女性によるまちづくり会議の運営費に充てる…といった具合にレベルアップし、全30段階の事業実行を目指す。

 レベルが上がるたび、赤ん坊から大人へと成長していくみよたんのイラストが特設サイト上で楽しめる。RPGに親しんだ世代から新たな寄付を呼び込む狙いだ。全体の寄付額の進ちょくも確認でき、町企画財政課は「まちづくりに参画する手応えも感じてもらえるはず」としている。

 サイト制作費は約90万円。町内の広告会社とともに、長野市の岡学園トータルデザインアカデミーの学生5人が制作やイラストを手掛けた。

 特設サイトへは町ホームページのふるさと納税コーナーからリンクできる。

(9月26日)

長野県のニュース(9月26日)