長野県のニュース

大桑村長選告示 現新2氏の争い

 任期満了に伴う木曽郡大桑村長選は29日、告示された。現職で3期目の貴舟豊氏(71)=長野=と、新人で行政書士の沼尚司氏(66)=長野=の無所属2人が立候補し、前回と同じ顔触れの選挙戦に入った。投開票は10月4日。

 貴舟氏は「村民が安心して過ごせる地域づくりを、初心に戻って実現する」と第一声。人口減少対策などを課題に挙げ、多くの人に村内に住んでもらう環境づくりを引き続き進めると主張した。

 沼氏は第一声で、現職との対決姿勢を強調し「私の大事なふるさと大桑村を託すことはできない」と述べた。村役場庁舎の移転新築計画見直しの他、教育支援や高齢化対策などを進めるとした。

 9月28日現在の有権者数は3106人(男1497人、女1609人)。このうち18歳は28人、19歳は44人。

(9月30日)

長野県のニュース(9月30日)