長野県のニュース

「選択的夫婦別姓の積極的な議論を」 上田市会が意見書可決

議場で意見書案の採決を見守る「選択的夫婦別姓陳情アクション信州」のメンバーら=30日、上田市議場で意見書案の採決を見守る「選択的夫婦別姓陳情アクション信州」のメンバーら=30日、上田市
 上田市議会は9月定例会最終日の30日、選択的夫婦別姓制度の法制化を国が積極的に議論するよう求める意見書を全会一致で可決した。県内の有志らでつくる「選択的夫婦別姓陳情アクション信州」が提出した請願を採択。全国陳情アクション事務局(東京)によると、請願を受けた意見書の可決は県内で初めて。

 請願では、同制度の導入に向けた法改正に賛成・容認する人が増え、結婚の在り方が多様化しており「改姓の強制は非婚や少子化につながる要因の一つ」と主張。旧姓の使用が各種免許証や健康保険証で認められないなどの問題があり、望まない改姓で自己同一性を失って苦痛を受ける人もいるとして、意見書の提出を市議会に要望した。

 意見書は、選択的夫婦別姓制度に対する国会審議について「議論が依然として進まない状況」と指摘。法制化について積極的に議論するよう国に強く要望した。

 この日、陳情アクション信州のメンバーらが市議会を傍聴。代表の吉沢茉帆(まほ)さん(35)=上田市=は「議会の理解を得られた。仲間を増やして活動を広げたい」とし、12月にもメンバーが在住する上伊那郡箕輪町議会への請願提出を目指すとした。

(10月1日)

長野県のニュース(10月1日)