長野県のニュース

志賀高原もう積雪 冷え込む県内

初雪が7〜8センチ積もった志賀高原の横手山頂ヒュッテ。子どもが雪遊びを楽しんでいた=17日午後3時28分、山ノ内町初雪が7〜8センチ積もった志賀高原の横手山頂ヒュッテ。子どもが雪遊びを楽しんでいた=17日午後3時28分、山ノ内町
 下高井郡山ノ内町の志賀高原で17日、今季初の積雪となった。標高約2300メートルの横手山頂ヒュッテ周辺では7〜8センチほど積もり、子どもたちが早速雪遊びを楽しんだ。同ヒュッテによると、雪は未明から降り始め、朝には一面真っ白に。昨年より10日早い初雪だったという。

 高原を貫く国道292号沿いには、紅葉見物に訪れた多くの観光客や写真愛好家の姿があり、思わぬ降雪に驚いた人も。道沿いのササや木々が雪化粧した長野・群馬県境の渋峠(標高2172メートル)付近で写真を撮っていた新潟県長岡市の会社員山崎淳さん(55)は「紅葉を撮りに来てまさかの雪に驚いたけれど、車で上がりながら緑、紅葉、雪景色を一度に楽しむことができた」とうれしそうに話していた。

 長野地方気象台によると、17日朝の県内の気温は、辰野が8・3度、飯島が8・4度でともに今季最低を観測した。18日は曇り、昼前から時々晴れの見込みで、予想最低気温は軽井沢4度、長野と松本、諏訪7度、飯田8度。高冷地では霜による農作物の被害に注意が必要としている。

(10月18日)

長野県のニュース(10月18日)