長野県のニュース

斜面

  • 8月17日 斜面

    魚が飛び跳ねるように威勢がいい。鮮度が勝負の魚屋さんの売り声である。尾畠(おばた)春夫さん (78)も商いで鍛えられたのだろう。「よしくーん」と呼び掛ける声が森に響き渡った。捜し始めて30分。「ぼく、ここ」と小さな声が返ってきた…

  • 8月16日 斜面

    幣原(しではら)喜重郎は正午から「玉音放送」を聞いた後、電車で帰途に就いた。車内で若い男が叫んだ。なぜ戦争をしなければいけなかったのか。俺たちは知らぬ間に引き入れられた。当局はけしからん、と。他の乗客も「そうだ」と同調した…

  • 8月15日 斜面

    太平洋戦争末期の1945(昭和20)年3月、小県郡丸子町(現上田市)の各世帯に、隣組の常会で決めた文書が回った。「今回畜犬野犬ノ全面供出ヲ行フ事トナレリ」。軍需用の毛皮増産などを目的に軍需省が決めた事項を、県と市町村を通じて隅々まで行き渡らせた…

  • 8月14日 斜面

    高校野球のルールも時代を反映する。おかしな決まりが登場したのは1942(昭和17)年、主催者が朝日新聞社から文部省に移った「幻の甲子園」と呼ばれる大会だ。打者は投球をよけてはならない、選手交代は認めない―とされた…

  • 8月12日 斜面

    日本百名山の谷川岳や四阿(あずまや)山、草津温泉に水上温泉…。山岳風景とともに、一帯の魅力がネット上で紹介されている。群馬、長野、新潟の県境の尾根約100キロを結ぶ登山道「ぐんま県境稜線(りょうせん)トレイル」は山の日のきのう全面開通した…

  • 8月11日 斜面

    随分と唐突な提案である。五輪組織委員会の森喜朗会長が暑さ対策として要望し自民党が検討するサマータイム(夏時間)だ。「理想的な気候」と誇大広告で誘致しながら、早朝開催によってしのぐ競技の開始をさらに早めたいらしい…

  • 8月10日 斜面

    「沖縄戦の図」の展示で知られる佐喜真(さきま)美術館は、米軍普天間飛行場の敷地に食い込むように建っている。一角には先祖を尊ぶ沖縄特有の大きな亀甲墓がある。館長の佐喜真道夫さんが基地内にある所有地の一部を取り戻して建設した…