国内外ニュース

かばんサイズで血液浄化 腎臓病患者に救急医療

 山梨大や神戸大が開発した持ち運べる大きさの血液浄化装置(山梨大・松田兼一教授提供)  山梨大や神戸大が開発した持ち運べる大きさの血液浄化装置(山梨大・松田兼一教授提供)
 血液をきれいにする働きが損なわれた腎臓病の患者に使える、持ち運び可能な新型の血液浄化装置を山梨大や神戸大のチームが17日までに開発した。現在は小型冷蔵庫サイズの製品が多いが、新型はアタッシェケースより小さい。電池も内蔵しており、大地震が起きた被災地などでの救急医療への応用が期待される。

 臨床試験を経て2023年までに医療機関向け販売を始めるのが目標。チームの松田兼一山梨大教授(救急医学)は「必要な場所に持って行けるので、緊急時にすぐ対応できる」と話す。

(6月17日8時41分)

医療・健康(6月17日)