国内外ニュース

野球、健大高崎と中京が決勝進出 明治神宮大会、関大と東海大4強

 天理戦の9回、サヨナラ打を放ちガッツポーズで喜ぶ中京大中京・中嶌=神宮  天理戦の9回、サヨナラ打を放ちガッツポーズで喜ぶ中京大中京・中嶌=神宮
 明治神宮野球大会第4日は18日、神宮球場で高校の部準決勝などが行われ、高崎健康福祉大高崎(関東)と中京大中京(東海)が20日の決勝に進んだ。ともに初の決勝進出。

 高崎健康福祉大高崎は七回に9番山畑の適時打で勝ち越し、白樺学園(北海道)に3―2で競り勝った。中京大中京は天理(近畿)との打撃戦を10―9のサヨナラで制した。

 大学の部準々決勝では、関大(関西1)が金沢学院大(愛知・東海・北陸)を5―0で下し、優勝した1972年以来の4強入り。東海大(関東2)は五回に4点を奪って逆転し、中大(東都)を7―3で破った。

(11月18日20時56分)

高校野球(11月18日)