国内外ニュース

都市ランク、東京は4年連続3位 経済や居住、環境など総合評価

 東京の都心部=9月25日(共同通信社ヘリから)  東京の都心部=9月25日(共同通信社ヘリから)
 森ビル(東京)のシンクタンクの森記念財団は19日、2019年の世界主要48都市の総合力ランキングを発表した。東京は4年連続の3位で、1位のロンドンなど上位10都市に変動はなかった。

 ランキングは「経済」や「居住」「環境」など6分野の70指標を総合的に評価。今年はメルボルンなど4都市が加わったことが影響し、大阪は前年の28位から29位へ、福岡は37位から42位へ順位を下げた。

 東京は、来年の五輪・パラリンピック開催を前にホテル客室数が増えるなどして「文化・交流」の指標で高評価が相次いだが、GDP成長率といった「経済」は3位から4位へ下げた。

(11月19日17時30分)

暮らし・話題(11月19日)