国内外ニュース

福島の酒と食をパリでアピール 展示会を開催、観光客誘致

 福島県の酒と食材を紹介する展示会で試飲する来場者=23日、パリ日本文化会館(共同)  福島県の酒と食材を紹介する展示会で試飲する来場者=23日、パリ日本文化会館(共同)
 【パリ共同】今夏の東京五輪・パラリンピック開催を前に、東日本大震災からの復興が進む福島県の魅力を酒と食を通じてアピールし、観光客誘致につなげようと、同県の団体がパリで展示会を開催、23日には地元の流通・旅行業者やソムリエらを招いた試飲・試食会を行った。

 展示会は、福島県のワイン生産促進を図る団体と福島民友新聞社でつくる実行委員会が主催し、パリ日本文化会館で21日~2月1日に開催。県の日本酒のほか、みそやしょうゆ、米、甘酒といった食材を紹介している。北村秀哉実行委員長は「風評は県外でいまだにある。安全性は証明できるが、なかなか届いていない」と指摘した。

(1月24日10時56分)

社会(1月24日)