国内外ニュース

防衛相、中国海洋活動で懸念共有 在日米軍の司令官と会談

 会談後、腕でタッチを交わす岸防衛相(左)と在日米軍のシュナイダー司令官=8日午前、米軍横田基地  会談後、腕でタッチを交わす岸防衛相(左)と在日米軍のシュナイダー司令官=8日午前、米軍横田基地
 岸信夫防衛相は8日午前、在日米軍のシュナイダー司令官と米軍横田基地(東京都)で会談し、東・南シナ海で海洋進出を強め、軍事的影響力を拡大する中国の活動について懸念を共有した。北朝鮮による弾道ミサイル開発に関しても連携を確認した。岸氏が会談後、記者団に明らかにした。

 会談で両氏は、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設が「唯一の解決策」との認識で一致した。配備を断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の代替策は話題に上らなかったという。

 岸氏は、基地内にあるミサイル防衛の中枢、航空自衛隊航空総隊司令部も視察した。

(10月8日13時25分)

政治(10月8日)