国内外ニュース

途上国のワクチンに1・3億ドル 外相、国際会議で表明

 茂木敏充外相は8日、誰もが適切に医療を受けられる「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」の推進に関する国連総会関連のオンライン閣僚級会合で演説した。新型コロナウイルスの世界的な流行収束に向け、途上国へのワクチン供給に1・3億ドル(約138億円)以上を拠出すると表明した。

 将来の新たな感染症発生に備えた保健・医療システムの強化や、感染症に強い環境づくりのため衛生的な水の供給と、栄養改善の取り組みも支援すると強調。「誰の健康も取り残さないため、国際社会と手を携えて尽力していく」と述べた。

 会合では茂木氏が共同議長を務めた。

(10月8日21時50分)

政治(10月8日)