TOP2015年01月集い、走り、奏で、木曽の力に 王滝で5月アウトドアイベント

 昨年9月の御嶽山噴火で、観光業を中心に影響を受けている麓の木曽郡王滝村で5月2、3両日、初のアウトドアスポーツイベント「みんな集まれ、王滝村へ!」が開かれることになった。全国でマラソンや自転車のレース大会などを実施している神奈川県鎌倉市のスポーツ関連会社「パワースポーツ」が企画。村や地元の観光団体と連携して全国から多くの人を集め、村を活気づける狙いだ。

 同社は15年前から、マウンテンバイクのレースや、御嶽山頂を含めたコースを走る「スカイレース」などの大会を王滝村内で開催。自然豊かな村を「アウトドアスポーツの聖地」としてPRしてきた。昨年も六つの大会を開き、計6千人ほどが参加。御嶽山の噴火後、入山規制解除の見通しも立たない中で、復興の一助になればいいと発案した。

 目玉は国内トップのトレイルランナーによるレース。林道を走る約10キロを5周する様子を、間近で観戦することができる。ほかにマウンテンバイクの耐久レースや、松原スポーツ公園内に設けたコースを走るランニング大会、御岳湖でのカヤックツーリング、ハイキングなど、多彩なスポーツを楽しめる。初日の夜には音楽ライブや、参加アスリートによるトークショーも計画している。

 パワースポーツ社長の滝川次郎さん(51)は「これまで村内で開いた大会に出たアスリートに、今度は家族を連れて集まってほしい」と話す。参加者や家族らが村に宿泊することにも期待し、「御嶽山以外の観光資源の発掘とPRにもつなげたい」としている。

 イベントは同社や王滝村、村内の事業者らでつくる王滝観光総合事務所などで実行委員会をつくって行う。参加は有料。

2015年1月15日掲載