TOP2016年09月被災者家族の会、三回忌概要発表 王滝・田の原で26日

 2014年9月27日に起きた御嶽山の噴火災害の被災者家族による「山びこの会」は20日、木曽郡王滝村の王滝口登山道7合目の田の原で26日に行う三回忌の催しの概要を発表した。会員の遺族を中心に出席するが、噴火当日に登山していた被災者や、地元住民の参加も歓迎する。

 会場は、田の原の駐車場から約600メートル離れた遥拝(ようはい)所。当日は午後2時に駐車場にある鳥居前に集合し、歩いて会場に向かう。同2時半から、同会が用意した木製の板に犠牲者へのメッセージを書いてもらい、同3時に開会する。村内の女性有志でつくる「鳳泉寺御詠歌会」が鈴や鐘の音に合わせ御詠歌を唱えるほか、メッセージ板をささげる。

 同会事務局代表のシャーロック英子さん(57)=東京都目黒区=は「過酷な体験をされた被災者の方のお気持ちが許せば一緒に慰霊したい。地元には複雑な思いを抱えている方もいるかもしれないが、三回忌は交流の場にもしたい」と話している。

2016年9月21日掲載