TOP2017年09月噴火災害伝える報道写真展 塩尻市立図書館
御嶽山の噴火災害を伝える信濃毎日新聞の紙面や掲載写真が並ぶ会場

 塩尻市立図書館で「御嶽山噴火 報道写真展」が開かれている。死者58人、行方不明者5人を出した御嶽山噴火災害から9月27日で3年を迎えるのに合わせて同館が企画。信濃毎日新聞の紙面を印刷したパネルや掲載された写真を展示し、戦後最悪の噴火災害を振り返っている。

 複数箇所から噴煙を上げる山体や避難する登山者、一帯を覆う火山灰...。会場には噴火のすさまじさを物語る写真28枚が並ぶ。パネル9枚に印刷された記事は、噴火時の目撃者の証言や行方不明者の捜索に当たる救助隊の様子を生々しく伝えている。

 写真展の隣には火山関連の図書コーナーも開設。1979(昭和54)年の御嶽山噴火や、火山の仕組みなどを解説した本が並ぶ。担当者は「噴火災害の悲惨さを思い起こしてほしい」と話している。

 10月2日まで。毎週水曜と9月25日は休館。

2017年9月 1日掲載