TOP2018年07月御嶽山望むあずまや完成 王滝の慰霊碑そばに
王滝村の松原スポーツ公園内に完成したあずまや。慰霊碑の奥に御嶽山が見える

 犠牲者58人、行方不明者5人を出した2014年9月27日の御嶽山噴火災害の遺族、麓の王滝村や木曽町の関係者らでつくる慰霊碑建立実行委員会が、王滝村の松原スポーツ公園に建てた慰霊碑のそばにあずまやを設けた。手を合わせに訪れる遺族らが休めるようにした。

 高さ3・75メートルで、屋根がある部分は4メートル四方。ベンチを置いた。ヒノキと米国産マツを使い、工事費は210万円。あずまやから、慰霊碑の奥に御嶽山が望める。

 月命日となった27日、噴火で娘を亡くした関東地方の女性(66)が慰霊碑を訪問。ろうそくに火をともし、手を合わせた。「風も通るし、御嶽山もよく見えるいい場所だと思う」と話した。

 同実行委は9月下旬までに、山頂付近にも慰霊碑を建立する予定だ。

2018年7月28日掲載