フォト×俳句トップ 優秀作品 > 駆け足でさくらは山へ行ったきり

駆け足でさくらは山へ行ったきり

西村美枝さん 長野市 2012年8月2日掲載

選評

花びらを数片残し、あっという間に里の桜は散り、山へと咲き上がっていった。一枚の枯れ葉は置き手紙のようにも見え、趣がある。自然の変化を捉えたものだが、物語性のある作品となった。(中谷吉隆)

前の記事 特集トップ 次の記事

月別 アーカイブ