フォト×俳句トップ 優秀作品 > 昼寝覚ほほに畳の痕のこし

昼寝覚ほほに畳の痕のこし

多田檀さん 大阪府高槻市 2012年8月9日掲載

選評

豹の子か虎の子か、手に頬を乗せていまにも瞳が閉じそうである。昼下がりの昼寝から覚めると、人間の頬には畳の痕が、豹には石のかけらが付いていたりして。(坊城俊樹)

前の記事 特集トップ 次の記事

月別 アーカイブ