フォト×俳句トップ 選者対談 > ▼サンデーフォト×俳句入門の6回目です!

▼サンデーフォト×俳句入門の6回目です!

20130428.jpg 写真家中谷吉隆さんが4月に出題した課題写真。これに付ける俳句が数多く寄せられました。中谷さんの写真と投稿された句はどう響き合っているか。中谷さんと俳人坊城俊樹さんによる講評も見て、今後の作品づくりの参考にしてください。(最初の2作品は中谷さん選の入選作。続く2作品が坊城さん選の入選作です。残り4作品は佳作に選ばれました)

 若葉風若気気取りの若作り 伝田忠三さん(68)長野市 【中谷】 若、若、若と語呂合わせの面白さがある。帽子の女性の顔は見えないのに、たぶん若作りしているんだなと想像したところも面白い。
 
 仕事柄尾行変装あつぱつぱ 角喜代鷹さん(71)千葉県栄町 【中谷】 女性が変装して前を行く人を尾行しているという物語をつくった。尾行するのにあっぱっぱというのが、俳句の感じとして面白いね。

 薫風や勝負の色で逢ひにゆく 村松伸一さん(81) 長野市 【坊城】 勝負とは恋を決着させるための勝負。赤い帽子は情熱の女心の象徴です。写真の風はかなり強く、ここが勝負という感じがでています。

 告白を決意してをり五月尽 飯野佳代子さん(50) 埼玉県美里町 【坊城】 赤い帽子の女性が前を歩く男性を追って告白しようとしている。五月尽とは五月が「終わる」こと。恋の決着とうまく取り合わせた。

 〈佳作〉=4点
 中谷さん選
 揚げ立てのコロッケ匂ふ五月晴れ 杉本とらをさん 東京都西東京市
 風の香に一辺倒の恋ごころ 川崎彰典さん 埼玉県美里町
 坊城さん選
 男かも知れずハイビスカスの女(ひと) 森萄子さん 栃木県日光市
 サヨナラとルージュで残し春旅路 永田龍也さん 茅野市

前の記事 特集トップ 次の記事

月別 アーカイブ