フォト×俳句トップ 優秀作品 > かの人を思ふばかりの半夏生(はんげしょう)

かの人を思ふばかりの半夏生(はんげしょう)

川崎彰典さん 埼玉県美里町 2016年8月11日掲載

選評

何やら怪しい色の明かりがともっている。そこは鉄柵に囲まれた不可侵の領域なのか。彼の人とそこで隔てられた切なさが漂う。半夏生という時候の季語との対比が絶妙。(坊城俊樹)

前の記事 特集トップ 次の記事

月別 アーカイブ