フォト×俳句トップ 優秀作品 > 秋風に紛れてをりぬ神の声

秋風に紛れてをりぬ神の声

川崎彰典さん 埼玉県美里町 2016年12月22日掲載

選評

欄干の彫刻からすると由緒ありそうな社。神が旅立つ前か、慌ただしく神事が行われているよう。秋風と川音に紛れ、途切れ途切れに届く声にトンボも聞き入っている。(中谷吉隆)

前の記事 特集トップ 次の記事

月別 アーカイブ