フォト×俳句トップ 優秀作品 > もがきをる背中のかゆみ秋一人

もがきをる背中のかゆみ秋一人

角喜代鷹さん 千葉県栄町 11月23日掲載

選評

大仰な木の状態からすると、かゆみどころではなさそう。背中を掻こうにも手は届かず、孫の手もなく家人に頼みたいのだが、あいにくの留守。嘆き節が聞こえてくる。(中谷吉隆)

前の記事 特集トップ 次の記事

月別 アーカイブ