フォト×俳句トップ 優秀作品 > 鳴きやまぬ恋猫おいて船の出る

鳴きやまぬ恋猫おいて船の出る

多田檀さん 大阪府高槻市 5月17日掲載

選評

烏賊釣り漁船のライトであろうか。出港のとき猫は岸壁に置き去りにされている。しかもそれは恋猫であるので、手を振り合う夫婦の姿と重なる叙情と余韻がある。(坊城俊樹)

前の記事 特集トップ 次の記事

月別 アーカイブ