フォト×俳句トップ 優秀作品 > 誰も居ぬのに秋声の目のあたり

誰も居ぬのに秋声の目のあたり

川崎彰典さん 埼玉県美里町 11月30日掲載

選評

公園か学校か。いまはもう子供達の姿はここにない。この蛇口も古びていて、もうあまり使われていないのかもしれない。そこには唯、秋の声が取り巻いているのである。(坊城俊樹)

前の記事 特集トップ 次の記事

月別 アーカイブ