【訃報】金子万平さんは2019(平成31)年3月7日逝去されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

最新記事

 今年(平成30年)は、天候不順のせいで、日本のソバは総じて不作だったとされる。特に北海道では、大雨や台風、また猛暑も重なって、夏のころから出来が心配されていた。秋の大きな地震も影響があったことだろう。長野県あたりでも、9月初めころには始まる、北海道産の粉を仕入れて作る「新そば」の貼り紙が目立たなかった。新聞等でいくつかの報道が出てきたのは、11月になってからではなかったか。不作の話で、玄ソバの取引価格が大きく値上がりしてきたという...。  そうした状況の中で、長野県内では、夏の猛暑がきつかったし、収穫時に風で倒れたりして、収量は少なかった―--凶作だったという地域が広くあったようだ。私が …

全文を読む

2018年12月31日掲載

月別アーカイブ

著者プロフィール