TOP2014年09月今秋のソバの花はまちまち 豊作への期待も

 今年の初秋の天候が安定しない。時々雨が降るかと思ったら、一転して晴れが続く。

 天気を見て、9月上旬から中旬にかけて、駆け足でソバ産地を回ってみた。

 9月上旬の戸隠では、ソバの成育の度合いがずいぶん違っていてびっくり。花盛りの畑もあれば、芽が出てすぐのころの10~20センチほどの背の畑もかなりあった。これでいくと、収穫の時期がずいぶん幅が出るように見えたが、実際はどうなるのだろうか。

 季節の微妙なズレは、当然収穫量や味に影響するはず。昔も相当に幅があったようだ。

 戸隠で以前聞いた話では、秋分の日のころ、つまり以前「戸隠そば祭り」が盛大に開かれていた年代に、花はもう終わりの畑がほとんどだった。たまに花盛りの畑を見つけることがあって、隣の畑の人に聞いてみたら、昔はみんな今ごろが花盛りだったですよ、と教えられたものだった。

 そういえば、戸隠がソバの本場と言われた一つの原因は、昔から盛んだった麻(大麻)を収穫した後にソバの種蒔きをしたことに元があったと聞く。

 8月中旬以降に麻の収穫が終わる。直後にソバを蒔く、他の穀物は間に合わないが、ソバだったら「そば七十五日」と言われたように、短期間で成長し収穫出来る。自家用の食糧として重宝したというわけである。

 戸隠に限らず、隣の鬼無里村や信州新町(今は合併で皆長野市になっている)、上水内郡小川村などが同じような農業の形があった。麻は換金作物で大事に育てられた。肥料もたっぷり施される。その後作(あとさく)にソバが栽培されるのだが、肥料は麻の残りがあるのでよくとれたという。しかし麻の収穫が8月中旬以降なので、さすがのソバでも、冬が早いと収穫がぐんと減る。それで急いで種蒔きをした、と忙しかった時代を覚えている老人たちが話してくれたものだった。

 そんな中で、麻の収穫が戸隠の標高の高い一帯では8月中旬になるのに対し、小川村で聞いた話では、御射山(三才山)祭り(諏訪社系の祭りで、8月27日前後に行なわれることが多かった)の前に収穫する、とも聞いた。それからソバの種蒔きなので、早霜にあう恐れもあって、収穫まで気を使うことが多かったようだ。

     ☆

 9月中旬に塩尻のイベントをのぞきに行ったついでに、中信地方のソバ畑を駆け足で通った。

 塩尻のこの時期は久しぶりだったが、各地でソバを多く栽培しているようで心強かった。水田転作でも畑作でも、背丈が大きく、育ちは順調に見えた。栽培から、名物そばの店で食べてもらうところまで、総合的に売り出せるはずだ、と思った。

 安曇野は逆に、少し栽培が減ったかしら、と見えた。水田転作が多かったが、稲刈りが始まっていて、どうしても米作の方に比重があるように感じた。土地ごとの事情があるのだろう。「おひさま」のブームは去ったようにも思うが、長い目で見れば、やはり安曇野も蕎麦が名物の食べものとして人気が続くだろう。栽培も含めた蕎麦文化が、定着し成長していって欲しいものである。

     ☆

 つづいて山ノ内町須賀川の「法印さんとそばの花祭り」に出かけた。天候に恵まれて、ずいぶんなにぎわい。青空のもとで蕎麦料理を食べるのは気分がよかった。雪室に入れて保管した材料を使っているという。どうりで、ソバ粉が劣化する端境期なのに、割と味がよかった。素材の良さを引き立てるための工夫がもっとあるといいな、と感じたが。

 須賀川のソバは、ちょうど花盛りで、よく見るとわずかに赤い実(とうろう)がついたものもあり、けっこうな作柄に見えた。もちろん、これから後の雨や風にも大きく影響されるだろうが。初めての「法印焼き」というお菓子が売られていて、新聞に紹介された影響だろう、いつもより多くの人が訪れたように思った。

 須賀川一帯では、集落周辺でも、ソバの栽培が増えたように見える。また一段と、蕎麦が名物料理として有名になるのかもしれない。

     ☆

 足を伸ばして、飯山市の郊外、鍋倉山麓の広い畑作地帯をのぞく。毎年相当な面積のソバ畑があるのだが、今年はいくらか減ったように見えた。ソバは花盛りが多かったが、まだ10センチか20センチ程度の畑もあって、まちまちな印象をうけた。単純に玄ソバを供給するだけの、農産物生産だけの農業は、利益が上がらなければすぐ転換してしまうのかしら、と残念な気分も味わった。

 さらに信濃町の方も横断してみた。この地域の特徴は、えらく早めにタネを蒔いたのかしら、といぶかしく思うくらいの状況。全体に花は満開を過ぎているか、という畑が多かった。中には、もうすぐ刈り取りかと思うほど実りが進んでいる畑も見かけた。また広大な開拓地のソバ畑は、まわりに獣除けの電線(柵)を張りめぐらしてあって、山村の労苦を感じた。

     ☆

 今年は北海道の広いソバ畑が、8月の大雨・水害でやられて収量が減ったらしい、と噂で聞いた。そのせいか、長野県内でも9月に入るとすぐ始まる「新そば」の貼り紙が、いつもの年より遅くなったように感じた。北海道の新そばの全国への普及ぶりがどうなのか、気になる...。

 長野県内各地の様子は、新聞記事などで見る限り、比較的順調に育っているように思う。これからの雨、風の影響が出てくるのかどうか。一昨年のように、豊作になって美味しいのが一番だが、これからの天候しだいかもしれない...。大いに期待しながら見守りたい。

2014年9月24日掲載

前の記事  サイトトップに戻る  次の記事

著者プロフィール