がんばれ!信州サッカー

 来季からサッカーのJFL(日本フットボールリーグ)で戦う松本市の松本山雅FC(フットボールクラブ)を運営するNPO法人、アルウィンスポーツプロジェクト(ASP)は27日、来年3月に開幕する来季の試合運営ボランティアの説明会を同市のアルウィンで開く。試合運営ボランティアは、チケットもぎりやグッズ販売などを通じて、山雅の試合を盛り上げる。

 2009年シーズンは高校生から60代までの約60人がボランティアに登録し、1試合平均で約40人が参加した。ASP事務局は「JFLのホームゲームは、今季まで所属していた北信越リーグ1部より10試合多い年間17試合。より一層の力添えをお願いします」と呼び掛けている。

 説明会は午後1時~2時半。問い合わせはASP事務局(電話0263・46・9500)へ。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外