がんばれ!信州サッカー

薩川了洋コーチ

 今季限りでの退任が決まったサッカー北信越リーグ1部AC長野パルセイロのバルディエール・バドゥ・ビエイラ監督(65)の後任に、薩川了洋(のりひろ)コーチ(37)が昇格して就任することが27日、分かった。クラブは近く正式に発表する。

 薩川コーチは静岡県出身。DFとして横浜Fと柏でJリーグ通算300試合以上に出場した。2005年に現役引退し、柏のコーチなどを経て08年に柏から出向する形でAC長野コーチに就いた。来季も出向の形を継続するという。

 AC長野は06年途中に元イラン代表監督などの経歴を持つビエイラ監督を迎えたが、目標の日本フットボールリーグ(JFL)昇格が果たせず来季の契約を更新しないことを決定。ビエイラ監督が築いたチームカラーを継続できる指導者を中心に後任の人選を進めていた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外