がんばれ!信州サッカー

 女子サッカーのチャレンジリーグが4日、開幕する。昨季までは日本女子リーグ(なでしこリーグ)1部、2部だったリーグ構成を、今季は1部に相当する「なでしこリーグ」と2部に当たる「チャレンジリーグ」に再編。チャレンジリーグは全12チームを東西に分け、各6チームでリーグ戦を行う。
 昨季まで2部に参戦した大原学園からチーム移管したAC長野パルセイロ・レディースはチャレンジリーグ東に所属し、なでしこリーグ昇格を目指す。4日はホームの長野市南長野運動公園総合球技場でac福島(福島)と開幕戦を戦う。大原学園から椚陽介監督と11選手が移籍。新たに4選手を加えた15人態勢でスタートを切る。
 リーグは6チームによる3回戦総当たり戦を行う。東西の上位2チームが「入替戦出場チーム決定戦」に進み総当たり戦を実施。1位チームが、なでしこリーグ最下位の10位チームと入れ替え戦に臨む。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外