がんばれ!信州サッカー

松本山雅―秋田 後半40分、決勝点を許し落胆や憤りを見せる松本山雅の選手たち

 JFL前期第15節最終日は13日、各地で7試合を行った。松本山雅FCは松本市アルウィンでブラウブリッツ秋田と対戦。0-1の後半15分にボランチ本田が決めて追いついたが、同40分に秋田のFW松田にこの日2点目となる勝ち越し点を決められ、1-2で敗れた。松本山雅は今季4度目の2連敗で、順位は暫定14位から同15位に下がった。秋田の松田は今季10得点で得点ランキングトップに浮上した。
 松本山雅と同じJリーグ準加盟クラブは、3連敗中の暫定3位町田ゼルビア(東京)がホームで引き分けた。首位のガイナーレ鳥取は前日に2位のSAGAWA SHIGA FC(滋賀)に1-4で敗れ、勝ち点2差に迫られている。
 松本山雅は前期第16節最終日の20日午後1時から、アウェーの京都府立山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場で同4位の佐川印刷SCと戦う。
 JFLは宮崎県内で発生した口蹄(こうてい)疫の感染防止対策として、前期第12、14節の計2試合を延期している。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外