がんばれ!信州サッカー

 小谷村千国乙のコルチナ国際スキー場わらび平ゲレンデ近くに「銀嶺フットサルコート」が完成し=写真、6日、現地で記念式典が開かれた。大北地方などのチームが参加する「北アルプスフットサル振興協議会」によると、人工芝のフットサル専用コートはこの地方で初めてという。
 村民約10人でつくる「村フットサルコートプロジェクト」が整備。村内3チームが練習していた体育館はほかのスポーツ団体との共用で十分使えなかったことに加え、合宿受け入れや大会開催などで村の活性化にもつなげようと、テニスコート跡地約千平方メートルを借りて2面造った。
 費用は県や村の補助金320万円と、メンバーが持ち寄った計130万円。会長の鷲沢正さん(46)=栂池南=は「コートを核に地域を元気にしていきたい」と話していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外