がんばれ!信州サッカー

塩尻―AC長野 後半19分、AC長野は大橋(5)からのパスを要田(11)が決めて3―0とする

 サッカー北信越リーグは13日、大町運動公園サッカー場などで1部、2部の第8節8試合を行った。1部首位のAC長野パルセイロはアンテロープ塩尻に3-0で勝ち、勝ち点を22に伸ばした。1部3位の上田ジェンシャンはグランセナ新潟に1-3で敗れ4連勝を逃した。1部2位のJAPANサッカーカレッジ(JSC・新潟)はテイヘンズ(石川)に大勝した。
 AC長野は攻守に精彩を欠いたが、前半28分にMF野沢が倒されて得たPKをFW藤田が決めて先制すると、後半にも2点を追加。アンテロープ塩尻にゴールを割らせなかった。上田ジェンシャンは同点の後半に運動量が落ち、残り15分を切ってから2点を奪われた。
 2部県勢はアルティスタ東御がCUPS聖籠(新潟)に2-1で勝ち、大原学園はゴールズ(石川)に0-4で敗れた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外