がんばれ!信州サッカー

ファン感謝イベントと併せて、プロモーションビデオを撮影するASIAN2のメンバー(中央の3人)と山雅サポーター

 JFL(日本フットボールリーグ)の松本山雅FCは8日、松本市のアルウィンで「2010松本山雅FCファン感謝デー」を開き、約千人のサポーターが選手との交流を楽しんだ。ホーム試合で選手紹介の際に流す曲「wanna be a super star(ワナビーアスーパースター)」のCD化が決まったことから、プロモーションビデオも撮影。演奏する松本市出身でエイベックス社所属のASIAN2とファンが参加した。
 「wanna be a super star」は、7月にサポーターらがCD化を求める署名5136人分を音楽・映像コンテンツ制作の「エイベックス・エンタテインメント」に渡していた。CD発売は9月12日。
 プロモーションビデオの撮影では、ゴール裏でサポーターと一緒に盛り上がるASIAN2メンバーや、サポーターがサッカーボールをける様子などを収めた。
 ファン感謝イベントでは選手と交ざってサポーターがミニゲームをしたり、キックベースをしたり。東京都立川市の花岡賢さん(26)は「大人もほのぼのと楽しめるイベントだった。チームは次の試合までに課題を克服して、頑張ってほしい」と話していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外