がんばれ!信州サッカー

AC長野―JSC 前半12分、長野は野沢の右クロスを要田(11)が頭で決めて先制

 サッカーの第46回全国社会人選手権北信越大会第2日は14日、石川県能美市の物見山陸上競技場で準決勝(代表決定戦)2試合を行い、AC長野パルセイロはJAPANサッカーカレッジ(JSC・新潟)に3-0で快勝した。AC長野は10月16日から山口県で行う全国大会への出場を決めた。
 AC長野は前半12分、DF野沢のクロスをFW要田が頭で決めて先制。同35分にMF大橋、後半4分にはMF栗原がミドルシュートを決めた。準決勝のもう1試合はテイヘンズ(石川)がPK戦の末にサウルコス福井(福井)を下した。AC長野は15日の決勝でテイヘンズと対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外