がんばれ!信州サッカー

AC長野―テイヘンズ 後半18分、藤田(13)が3点目を決めハットトリック

 サッカーの第46回全国社会人選手権北信越大会最終日は15日、石川県能美市の物見山陸上競技場でAC長野パルセイロ-テイヘンズ(石川)の決勝を行い、AC長野が4-1で快勝した。AC長野の優勝は2年ぶり。
 AC長野は前日の準決勝と選手を大幅に入れ替えて臨み、前半5分にFW藤田のゴールで先制。後半にも藤田の2得点とFW宇野沢のゴールで突き放し、相手の反撃をロスタイムの1点に抑えた。3位決定戦はJAPANサッカーカレッジ(JSC・新潟)がサウルコス福井(福井)に2-1で勝った。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外