がんばれ!信州サッカー

松本山雅-長崎 後半24分、同点ゴールを決め駆けだす松本山雅・須藤(中央)

 JFL後期第7節最終日は12日、各地で4試合を行った。松本山雅FCは松本市アルウィンで同じJリーグ準加盟クラブのV・ファーレン長崎と対戦、1-1で引き分けた。2節連続の引き分けで、ホームで勝ち点3を奪えず順位は8位から9位に後退した。長崎は6位のまま。
 松本山雅は前半を無失点で折り返したものの、後半4分にPKを与えて先制される苦しい展開。同24分にDF鉄戸のFKをDF須藤が左足で押し込んで追いついたが、その後は退場者1人ずつを出す激しい攻防の中、決勝点を奪えなかった。Jリーグ2部昇格の要件は4位以内で、現在の4位とは勝ち点で9差。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外