がんばれ!信州サッカー

 第46回全国社会人サッカー選手権第2日は17日、山口市山口きらら博記念公園などで2回戦8試合を行った。AC長野パルセイロは延長の末にラランジャ京都を2-1で下し、準々決勝進出を決めた。
 試合は40分ハーフ。AC長野は前半28分に先制点を許すと、38分にはDF大島が2度目の警告で退場。苦しい展開だったが、後半20分にMF大橋のFKをFW宇野沢が頭で決めて追いつき、延長前半7分にゴール前のパス交換から宇野沢が勝ち越し点を奪った。AC長野は18日の準々決勝で新日鉄大分と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外