がんばれ!信州サッカー

松本山雅―磐田 前半41分、松本山雅の塩沢(右)がシュートを放つ

 JFLの松本山雅FCは14日、静岡県磐田市でJ1磐田と45分ハーフの練習試合を行い、1-4で敗れた。前半は0-2、互いに選手を入れ替えた後半は木村が得点したものの1-2だった。
 主力主体で臨んだ前半の2失点が重かった。最初の失点は3分。選手が負傷でピッチ外に出て相手より一人多い状況だったが、サイドを上がった日本代表DF駒野をフリーにしてしまい精度の高いクロスを入れられた。
 須藤と鉄戸の間に位置したFWジウシーニョの存在に気を取られ、自陣左サイドの守備が甘くなった。「はっきりマークした方が良かった」と鉄戸。「相手は駆け引きがうまかった。いい勉強になった」と話した。前半40分の2失点目も左サイドを崩された。
 24日の開幕戦を控え、Jリーグクラブとの最後の実戦機会は収穫が少なかった。吉沢監督は「意図的にボールを奪うことができなかった。ボールを取られてからの切り替えも遅かった」と、残る課題を口にした。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外