がんばれ!信州サッカー

松本山雅-高崎 前半29分、FKを頭で合わせて先制ゴールを決め喜ぶ松本山雅・飯田
AC長野―横河武蔵野 前半、相手守備陣の体を張った守りにシュートを阻まれるAC長野・土橋

 JFL前期第15節最終日は12日、各地で7試合を行った。松本山雅FCは群馬県立敷島公園サッカー場でアルテ高崎(群馬)と対戦し、5-1で大勝。AC長野パルセイロは長野市南長野運動公園に横河武蔵野FC(東京)を迎え、0-2で敗れた。勝ち点を12に伸ばした松本山雅は10位に浮上し、同13のままのAC長野は9位に後退した。
 前半にFKから先制した松本山雅は、後半4分に追いつかれたものの、同17分に再び飯田のヘディングシュートで勝ち越し。同31分、38分は木島徹の個人技で追加点を奪い、終了間際に弦巻のゴールでダメ押しした。
 AC長野は攻勢に試合を進めながら、前半36分に先制点を許すと、反撃を期した後半は立ち上がりの4分に追加点を奪われた。相手の2倍以上の15本のシュートを放ちながら、体を張った守りの前に最後までゴールを奪えなかった。
 前期第16節は18、19日に行い、県勢はともに19日に敵地で試合。AC長野は町田市立陸上競技場で町田ゼルビア(東京)と、松本山雅は千葉県総合スポーツセンター東総運動場でジェフリザーブズ(千葉)と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外