がんばれ!信州サッカー

松本山雅−ジェフ 前半39分、松本山雅・木島良(左)が今季初ゴールを決めて2−0とする
町田―AC長野 前半、ドリブルでペナルティーエリア内に持ち込んだAC長野・宇野沢が相手DFに倒されPKを得る

 JFL前期第16節最終日は19日、各地で7試合を行った。松本山雅FCは千葉県総合スポーツセンター東総運動場でジェフリザーブズ(千葉)と対戦し2−0で勝利。AC長野パルセイロは町田市立陸上競技場で町田ゼルビア(東京)と2−2で引き分けた。松本山雅は勝ち点を15に伸ばし8位に浮上。AC長野は勝ち点1の上積みにとどまり10位に後退した。
 松本山雅は前半1分に弦巻のゴールで先制。その後は攻めきれない展開が続いたが、同39分に木島良の今季初ゴールでリードを広げた。GK石川の退場処分で1人少なくなった後半を無失点でしのぎ、逃げ切った。
 AC長野は常に先手を許しながら2度追い付いて引き分けに持ち込んだ。1点を追う前半40分に宇野沢が倒されて得たPKを自ら決めて同点。再び1点差とされた後半30分には大島がファウルを受けて得たPKを再び宇野沢が決めた。
 前期第17節は25、26日に行い、県勢の試合はともに26日。AC長野は長野市南長野運動公園にMIOびわこ草津(滋賀)を迎え、松本山雅は栃木市総合運動公園陸上競技場で栃木ウーヴァFCと対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外